株式会社トーセン50周年記念

皆様と共に歩み続けてきたトーセンは、
今年50周年を迎えることになりました。

これもひとえに、地域の皆様のご協力のお陰であると心より感謝申し上げます。
現在次の50年に向け、森林からエネルギーを見出す新しい事業に取組んでいます。バイオマス発電施設と製材工場を中心とした循環型社会づくり、「50km経済圏」への展開です。
地域の山に残されていた木材を、製材品やエネルギーとして利用でき、さらに雇用も生む、地域の皆様のお役に立てる事業内容であると自負しております。
人々の暮らしや地域に根ざした「50km経済圏」の構想。
この新しい呼び名を、ぜひ皆様につけていただきたく、この度「ネーミング募集」をすることにいたしました。
社員一同、皆様のご応募をお待ちしております。

バイオマスタウンに代わる、新しいネーミングを募集!

トーセンは、バイオマスエネルギーを軸とした「50kmの経済圏」の展開に取組んでいます。
これは、森林資源の地産地消、新たなエネルギーの活用、雇用の創出など、新たに循環型の「50kmの経済圏」を確立しようというものです。
この度募集するのは現在仮称となっている「50kmの経済圏」に変わる新しいネーミング。
皆様のアイデアを、楽しみにしております。

Help The Forest

日本の森は危機に瀕している

かつて林業が盛んだった日本。きれいに手入れされていた森は、現在老化の一途をたどっています。
老化した杉は、春が来るたびに大量の花粉を排出し、多くの人々を困らせています。実はこれ、木々が子孫を残すために起こしている、森林循環が滞っているサイン。老化した木を伐採し若い木を植えるという若返りの循環サイクルを作ることが、今の日本の森林に、私たち人間にとっても必要なのです。

これまでの日本の林業では、多くの森林資源が選別されたうえ、利用価値のある木々までも山に残されていました。この山に残された資源、実は自給自足エネルギーの可能性を秘めた価値ある資産なのです。
日本の電力燃料のほとんどが輸入資源である現在、100%自給自足出来る可能性があるのが、これらの木材を活用する「バイオマスエネルギー利用」。このエネルギーは日本の多くの山林で生産でき、地産地消の産業となります。発電電力からは熱エネルギーが生まれ、周辺には産業、雇用を生み、経済圏が確立。地域活性化への一助となるでしょう。

トーセンの新たな取組みは、エネルギーの自給自足を実現する「50kmの経済圏」を確立します。

トーセンが取組む「50kmの経済圏」構想により、地産地消のエネルギー経済圏が生まれます。
ネーミングを考えるにあたり、簡単で分かりやすいスライドをご用意しました。ぜひ、ご覧ください。

  • 発電所稼働に向け貯木中の原木

    発電所稼働に向け貯木中の原木

  • 発電所稼働に向け貯木中の原木

    発電所稼働に向け貯木中の原木

  • 発電所(2014年夏稼働予定)

    発電所(2014年夏稼働予定)

> 国土の68%は山林です。それを生かすことが、日本の再生になるのです。

 

株式会社トーセンは、木とともに地球環境を考える企業です。
〒329-2511 栃木県矢板市山田67番地
TEL. 0287-43-8379(代表) FAX. 0287-43-2626


Copyright (c) TOHSEN Co.,Ltd. All Rights Reserved.